お気に入りに追加

WinNepenthess 1.0

スポンサードリンク

いらなくなったファイルをファイルマネージャーよりドラック&ドロップする事によりファイルを削除する、言わばWindows3.1専用のゴミ箱です。

WinNepenthess
ソフト種類: Freeware
日付追加: 2009-03-31
対応OS: Windows 3.1
ファイルサイズ: 126KB
ソフト作者: 松井 秀敏

対応言語

WinNepenthess 1.0】の開発者説明

Advertisement
どんなソフト?

いらなくなったファイルをファイルマネージャーよりドラック&ドロップする事によりファイルを削除する、言わばWindows3.1専用のゴミ箱です。削除のしかたも、すぐに削除されるモードと指示があるまで削除しないモード、そして指定時間が来ると削除する3つの方法が選べます。その他おまけ機能として時報やお知らせメッセージなどが使えます。

動作環境は?

Windows3.1Jが動作する環境

インストールは?
Win-Nepenthesを任意のディレクトリに解凍してから、プログラムマネージャーに登録を行い実行を行います。
Win-Nepenthesを初めて起動したときには、捕虫袋のディレクトリを聞いてきます。最初にメッセージボックスが表示されるので、「確認」ボタンを押します。すると環境設定用のダイアログボックスが表示されますので、「捕虫袋のディレクトリ」のフィールドに袋の中となるディレクトリ名を入力します。このディレクトリはドロップされたファイルを保管しておくための大切なディレクトリで必ず設定しなければなりません。

作者のコメント

このソフトはWindows3.1のプログラミングに馴れるため、初めて作った実用的?なプログラムです。WindowsプログラミングはVer.2.11の頃から少しづつ勉強をしていたのですが、当時WindowsはマイナーなOSであったので、仕事先の社長さんなどに「変なもんばかり勉強して~」などと文句を言われたりもしました(^^;)。
なぜゴミ箱をネペンテスの形にしたかというと、私は食虫植物の研究などをやっていることに影響を受けているせいです(^^;)。

プログラム関連 WinNepenthess

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com