お気に入りに追加

サウンド・スクリーンセーバー・壁紙チェンジャー 1.10

スポンサードリンク

このプログラムはWindows起動・終了時のサウンド、スクリーンセーバー、壁紙をWindowsが起動する度にランダムに変更するプログラムです。

サウンド・スクリーンセーバー・壁紙チェンジャー
ソフト種類: Freeware
日付追加: 2010-04-27
対応OS: Windows Me,Windows 2000,Windows 98SE,Windows 98,Windows 95
ファイルサイズ: 207KB
ソフト作者: 坂本 清喜

対応言語

サウンド・スクリーンセーバー・壁紙チェンジャー 1.10】の開発者説明

Advertisement
◎概要
このプログラムはWindows起動・終了時のサウンド、スクリーンセーバー、
壁紙をWindowsが起動する度にランダムに変更するプログラムです。
(プログラムは起動時のみ動作し、常駐しないのでメモリを浪費しません)
壁紙やスクリーンセーバーを沢山持っていて一々自分で設定するのが面倒な
人は使ってみて下さい。
設定ユーティリティを添付しているので設定は簡単です。


◎前のバージョン(Ver 1.00)からの変更点
・Windows2000に対応
・必ず前回とは違う設定になるように変更
・指定されたサウンド・スクリーンセーバー・壁紙のファイルが無い場合は変更しない


◎動作環境
IBM PC/AT互換機 : Microsoft Windows95/98/Me/2000
NEC PC-98x1 : Microsoft Windows95/98
EPSON PC-x86 : Microsoft Windows95
FUJITSU FM-TOWNS : Microsoft Windows95


◎使用方法
1. 圧縮ファイルをファイル解凍ツールを用いて任意のフォルダに展開する。
(展開先のフォルダ以外にファイルを作成しないので、削除するの時の後腐れが
ありません。レジストリは汚しませんが、変更はします。)

2. 設定ユーティリティ'Utility.exe' をエクスプローラからダブルクリックして
起動し、起動・終了時のサウンド/スクリーンセーバー/壁紙を登録します。
(注意)
・サウンドファイル(*.WAV)は同一のフォルダに置いて下さい。
・スクリーンセーバーと壁紙のフォルダは初期表示の場所から変更しないで下さい。
(初期表示のフォルダに無いと機能しません。)
・壁紙に使える画像データはBMP型式のファイルだけです。また、事前に
\Windowsフォルダ(Win2000は\WinNT)にコピーしておいて下さい。
・Active Desktop系の壁紙(*.BMPで無い物)には対応していません。
・Windows2000でスクリーンセーバーを選択時は画面のプロパティから選択する場合と
違い、ファイル名を選択する事になります。
(例)"3D フラワーボックス (OpenGL)" → "ssflwbox.scr"

3. 「自動起動の登録」をクリックします。
(「スタートアップ」フォルダに'WinChan2.exe'のショートカットが作成されます)

4. 「設定保存」ボタンを押してプログラムを終了すると設定が完了します。

上記の設定を一度しておけば、次回からはWindowsの起動の度にサウンドメッセー
ジ/スクリーンセーバー/壁紙が変更されます。
(補足)起動時のサウンドと壁紙は次回のWindows起動後に有効になります。


◎削除方法
'Utility.exe'を起動して「自動起動の解除」をクリックします。
(「スタートアップ」フォルダの'WinChan2.exe'のショートカットが削除されます)
後は、1.で展開したフォルダに作成される下記ファイルを削除すれば完了します。
WinChan2.exe, Utility.exe, WinChan2.txt, WinChan2.dat
Windows98/Meでは\Windows\ApplogのWinChan2.lgcとUtility.lgcも削除すればMore
Betterです。

プログラム関連 サウンド・スクリーンセーバー・壁紙チェンジャー

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com