お気に入りに追加

SSH2対応TTSSH 2.22

スポンサードリンク

本プログラムはTTSSHをSSH2に対応させたモジュールであり、TeraTerm上でSSH2を利用することが可能となります。

SSH2対応TTSSH
ソフト種類: Freeware
日付追加: 2010-07-23
対応OS: Windows XP,Windows 2000,Windows NT
ファイルサイズ: 527KB
ソフト作者: 平田 豊

対応言語

SSH2対応TTSSH 2.22】の開発者説明

Advertisement
●はじめに
本プログラムはTTSSH(An SSH Extension to Teraterm)をSSH2に対応させたモジュールであり、
TeraTerm上でSSH2(Secure Shell version 2)を利用することが可能となります。


●収録ファイル
アーカイブを解凍すると次に示すファイルがあります。

---------------------+-----------------------------------
readme-j.txt いまお読みのテキストファイル
ttxssh.dll DLL本体
TERATERM_sample.INI INIファイルサンプル
---------------------+-----------------------------------


●インストール方法
TeraTermがインストールされているフォルダへDLL本体をコピーします。
すでにオリジナル版TTSSHが格納されている場合は、事前にバックアップを取っておいてから
上書きしてください。

●SSHの利用方法
以下の手順によりSSH(Secure Shell)を使った通信を行うことができます。

1.DLLのコピー
UTF-8対応TeraTerm Proがインストールされているフォルダへ"ttxssh.dll" を
コピーします。

2.TeraTermメニューの"New connection"を呼び出し、"Service"で'SSH'を
選択する(ポート番号は22)。

3."SSH Authentication"ダイアログが出てくるので、ユーザ名とパスワードを
入力して、OKボタンを押下する。

4.ユーザ認証に成功すれば、サーバ側のプロンプトが出てくる。


●SSH自動ログイン
以下のコマンドライン・オプションの使用により、SSH1およびSSH2を利用してユーザの
自動ログインが可能となります。

書式)パスワードおよびkeyboard-interactive認証
ttermpro.exe ホスト名:22 /ssh [/1|/2] /auth=password /user=ユーザ名 /passwd=パスワード
書式)公開鍵認証
ttermpro.exe ホスト名:22 /ssh [/1|/2] /auth=publickey /user=ユーザ名 /passwd=パスワード /keyfile=秘密鍵ファイル

例)SSH1によるパスワード認証ログイン(ユーザ名 nike パスワード kukuri)
ttermpro.exe 192.168.1.3:22 /ssh /1 /auth=password /user=nike /passwd=kukuri

例)SSH2によるパスワード認証ログイン(ユーザ名 nike パスワード kukuri)
ttermpro.exe 192.168.1.3:22 /ssh /2 /auth=password /user=nike /passwd=kukuri

例)SSH2による公開鍵認証ログイン(ユーザ名 kitakita パスワード oyaji 28 秘密鍵ファイル d:\tmp\id_rsa)
ttermpro.exe 192.168.1.3:22 /ssh /2 /auth=publickey /user=kitakita /passwd=oyaji@28 /keyfile=d:\tmp\id_rsa

※空白の扱い
パスワードおよびパスに空白を含める場合、スペース(' ')の代わりにアットマーク('@')を
使用してください。また、アットマークという文字を使用する場合は、2つ続けて('@@')と
記述してください。

プログラム関連 SSH2対応TTSSH

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com