お気に入りに追加

StartupScanner 1.12

スポンサードリンク

Windowsが起動するときに自動的に起動されるよう設定されているスタートアッププログラムの改変・変更を「とことんまで徹底的に調べるプログラム

StartupScanner
ソフト種類: Freeware
日付追加: 2009-05-06
対応OS: Windows 2000/XP
ファイルサイズ: 553KB
ソフト作者: mollyさん

対応言語

StartupScanner 1.12】の開発者説明

Advertisement
V1.12
(○:追加、△:改良、▲:バグ修正、・:他修正)
○ユーザーが指定したファイル(ユーザー定義ファイル)を監視可能にしました。
○コマンドライン起動で、再起動に対応(/qr)
△シャットダウンモードで起動した場合に、変更(警告)項目がある場合でも、そのままシャットダウンできるようにインターフェースを修正
△アイコンを修正
・その他細かい修正多数


StartupScanerは、Windowsが起動するときに自動的に起動されるよう設定されているスタートアッププログラムの改変・変更を「とことんまで徹底的に調べる」プログラムです。スタートアッププログラムだけでなく、「PC起動時に強制リネーム/削除されるファイル」や「サービス」、さらには、フィッシングで多用されるhosts、lmhostsファイルの改変の検出も可能です。

スタートアッププログラムは、Windowsを使うユーザーが自ら望んで登録したものばかりとは限りません。通常のユーザーの場合、むしろ意に反して勝手に登録されている場合がほとんどでしょう^^
行儀の悪いインストーラが起動のたびに勝手に特定のソフトを起動させタスクトレイに常駐させたり、さらに悪い場合、ウィルスが通常利用するプログラムの「ふりをして」破壊活動をする場合もあります。

このプログラムは、スタートアップ情報の定義場所、定義名、タイムスタンプ、起動exeファイルの実体、ファイルサイズ、MD5値など、現状で考えられ得るあらゆるデータを検査して、変更があった場合には、レポートしてくれるプログラムです。(このソフトでは完全に性悪説に立ってレポートする仕様となってますので、レポートの99.9%は当然のレポートだと思いますが、0.1%の危険を見逃さないためのソフトです。)
もちろん、ログファイルに更新の状況を保存されるので、過去からの変遷も記録することが可能です。

プログラム関連 StartupScanner

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com