お気に入りに追加

STTerm 1.00.01

スポンサードリンク

シリアルの送受信を行うターミナルソフトです。

STTerm
ソフト種類: Freeware
日付追加: 2009-05-20
対応OS: Windows 98SE,Windows XP
ファイルサイズ: 293KB
ソフト作者: sumion

対応言語

STTerm 1.00.01】の開発者説明

Advertisement
●ツールボタン
・接続
 通信設定で行った設定でポートをオープンします。
・受信表示
 受信内容を表示するウィンドウを表示します。
・文字送信
 文字を送信するウィンドウを表示します。
・ファイル送信
 ファイルを送信するウィンドウを表示します。
・通信設定
 通信設定を行います。
●受信表示画面
 受信した文字(コード)を表示します。
 ・ASCII
  アスキー文字で表示します。
 ・HEX
  16進文字(Aなら41)で表示します。
 ・Both1
  上段HEX、下段ASCIIの2行で表示します。
 ・Both2
  "Adr 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 0A 0B 0C 0D 0E 0F 0123456789ABCDEF"
  "0000 61 62 65 67 64 64 64 61 73 abegdddas "
  こんな形式で表示します。
 ・クリアボタン
  表示内容をクリアします。
●文字送信画面
 ASCIIまたはHEXで文字を入力し送信します。
 ・上部コンボボックス
  送信内容のコメントを入力します。(省略可)
  これは頻繁に決まったコードを送信する場合に使用します。
  送信を行うとこの名前で送信内容が保存されるので次回からは
  この名前を選択するだけで送信内容が表示されるようになります。
 ・テキストボックス
  送信文字を入力します。
  モードがASCIIなら入力文字がそのまま送信されます。
  モードがHEXなら16進コードで送信しますので、このモードの場合は0~9,a~fで入力します。
  HEXモードの場合は常に2バイト1セットで入力してください。
  例えば、010203を送信する場合、
  ASCIIなら30 31 30 32 30 33 と送信されますが、
  HEXなら01 02 03 と送信されます。
 ・モード
  テキストボックスの文字をASCIIかHEXで送信するかを選択します。
 ・ターミネートコード
  送信するコードの最後に付加するコードを選択します。
  なし:付加しません
  CR :0Dを付加します
  LF :0Aを付加します
  CRLF:0D0Aを付加します
  NULL:00を付加します。
●ファイル送信画面
 ・ファイル
  ...ボタンで選択したファイル名を表示します。
 ・送信ブロックサイズ
  一度に送信を行うバイト数を指定します。
 ・Sleep
  1ブロック送信後の待ち時間をmsで設定します。
●通信設定画面
 通信設定を行います。
 設定内容はお約束の内容です。

プログラム関連 STTerm

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com