お気に入りに追加

PoiClipCP ポイ・クリップ・シーピー 1.06.0

スポンサードリンク

名前やメールアドレスなどの定型の短い文字列をクリップボードへ送る(コピーする)ツールです。

PoiClipCP ポイ・クリップ・シーピー
ソフト種類: Freeware
日付追加: 2010-08-05
対応OS: Windows95/98/ME/2000/XP
ファイルサイズ: 22KB
ソフト作者: safetypinさん

対応言語

PoiClipCP ポイ・クリップ・シーピー 1.06.0】の開発者説明

Advertisement
V1.04.0
・クリップメッセージ編集画面のサイズを変更できるようにしました。
・その他、微調整。



名前やメールアドレスなどの定型の短い文字列をクリップボードへ送る(コピーする)ツールです。
Web版のメールなどを使用すると時々ログイン名やパスワードを要求されることがあります。そのままキーボードから打ち込んでも良いのでしょうが、これをクリップボード経由で行うものです。クリップボード経由ですと事前の準備がなされていればマウスの操作のみで事がすんでしまうので、便利です。ありふれたツールなので特に機能の解説は不要だと思います。

このツールの特徴はそのままソフトを起動しても使えますが、クリップボードへのメッセージ別にショートカットを作って使うのが、きっと便利な使い方だと思います。
そのために自分で自身のショートカットを作れるようになっています。ショートカットを作る際に以下のようなコマンドラインを用意しています。

/m="クリップボードへの任意の文字列"
クリップボードへコピーする文字列です。「"」ダブルコーテーションでくくります。
ショートカットの引数は最大255文字のようです。このため、指定できる文字数の制限を受けます。
/g
自動スタートの指定です。
起動されると「クリップボードへコピー」ボタンが押されるのを待たずにコピーします。
/e
自動終了の指定です。
クリップボードへコピーが正常に終了するとすぐにウィンドウが閉じ、プログラムが終了します。
失敗した場合はこの指定は無視されます。
/x=<数値> /y=<数値>
表示されるウィンドウの位置を指定します。/x= で横位置、/y= で縦位置を指定します。
/g と /e が指定されている場合は表示されている時間がほとんど無いので意味をもちません。

ショートカットは手動でも作れますが内臓のショートカット作成ツールを使用すると簡単に作れます。ショートカットはデスクトップに指定されたファイル名で作られます。作られたられたショートカットのプロパティ画面をひらけばコマンドラインを確認できます。

なお、登録されているメッセージは PoiClipCP.exe の存在フォルダに ClipData.txt のファイル名でテキストファイルとして保存されます。レイアウトさえ守ってもらえれば直接メモ帳などで追加修正も可能です。

プログラム関連 PoiClipCP ポイ・クリップ・シーピー

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com