お気に入りに追加

icad用図番台帳作成ソフト 1.0

スポンサードリンク

富士通のCADソフトICADの図面データから,図面ファイル名と図名の対比一覧表をを図面台帳として自動的に簡単に作成できるソフトです。

icad用図番台帳作成ソフト
ソフト種類: Freeware
日付追加: 2010-03-20
対応OS: Windows XP,Windows 2000,Windows 98,Windows NT
ファイルサイズ: 21KB
ソフト作者: なお

対応言語

icad用図番台帳作成ソフト 1.0】の開発者説明

Advertisement
このソフトは富士通のCADソフトICADの図面データから,図面ファイル名(図番)と図名(図面コメント)
の対比一覧表をを図面台帳として自動的に簡単に作成できるソフトです。
対比一覧表(図面台帳)は,EXCELのワークシートとして作成されますので,作成後の加工・調整も自由にできます。

2.図番台帳作成ソフトの作成背景と目的・用途
わたしは,CADソフト「ICAD/SX Mechanical PRO 以下 ICAD/SXと表記」のユーザとして,icadを設計業務に使用していますが,予ねてより,図面管理の面で不便を感じておりました。それは,cad図面をwindowsに図面ファイルとして保存管理する場合,ファイル名として図面の番号(図番)を付け,図名を保存時のコメント欄(オプション欄
にある)に記載しています。
こうすることにより,図番で管理でき,図番の一覧リストを見て図面を探せましたが,図名一覧から図面を直接探す
ことができない状況でした。
実際に図面を探す場合は図名(コメント:以下はコメントを含め図名と表現します。)リストから探す方が便利の場
合が多くわけですが,現状ではそれが出来ず不便さを感じていました。「ICAD/SX」には検索機能がありますが,これ
は図名(コメント)を一覧表にしたものでなく十分ではありませんでした。図名(ICAD上のコメント欄記載項目)は
図名リストとしてどこにも一覧表示されておらず、ファイルをクリックして初めて図名が表示されるようなシステム
となっています。
つまり,現状では図番と図名を一覧表にした所謂「図面台帳」というものが,CADデータがデータとしてパソコンに
保管されているのに作ることができないという状況でした。

今回、以上のような背景から,図番(ファイル名)と図名(図面コメント)の対比リストを容易に作れるソフトが
出来ないかと検討し,【ICAD用図番台帳作成ソフト】を作ることができました。このソフトにより図面名に対応する
ファイル名(図番)が一目瞭然となり,図名一覧を見て,対応するファイル名を探し,図面を特定することが出来る
ようになりました。
十分,実用にかなうものと感じ,皆様のお役にたてればと思い,ここに公開することに致しました。
以下に、そのソフトを使って作成手順を説明します。
なお,ここで言う図名(ICAD上のコメント欄記載項目)とは,図面保存時にオプションで記載できるコメント内容を
指しています。(通常ここに図名などの図面の内容等を入れると思います。)


3.必要なソフト及びパソコン
1)必要なソフト
① EXCEL ( EXCEL2000 及び2002で確認済み) EXCELのVBAを使いワークシートに一覧表が来ます。
別途 ICAD/SX (富士通のcadソフト)で作成したデータベース(ファイル名:_sx_db.idb )を準備してください。
このデータベース(ファイル名:_sx_db.idb )をこのEXCELのファイルのあるEXCELの作動するパソコンに
コピーしてください。
(ICAD/SX Mechanical PRO V36-03A で作成のデータベース(ファイル名:_sx_db.idb )で確認済 ,
他のバージョンは未確認)

2)パソコン及びOS
EXCELの作動するパソコン及びOS

注) ICAD/SX (富士通のcadソフト)を使うには ICAD/SX (富士通のcadソフト)の作動するパソコンが必要ですが、
ICAD/SXで作成したデータベース(ファイル名:_sx_db.idb )を用意すれば、このEXCELファイル
【ICAD用図番台帳作成ソフト】が作動する汎用のパソコンで図番台帳作成が可能です。


4.準備
元々、ICADには図面全文検索用のデータベース(ファイル名:_sx_db.idb )が各図面フォルダに存在しています。
しかし,このままでは一見,わけのわからない膨大なただのデータの集合体で手も足もでません。
(このデータベースは時々、最新に更新してやらないと最新版になりません。)
【図番台帳作成ソフト】はそのデータベース(ファイル名:_sx_db.idb )から、図番と図名を抜き出して,excelの
ワークシート上に一覧表示させるソフトです。
そのため次の前提が必要になります。
なお,ご存知と思いますが,データベース(ファイル名:_sx_db.idb )は,各図面フォルダに入っています。

1)ICADの図面全文検索用のデータベース(ファイル名:_sx_db.idb )を更新(最新版の再作成)しておく。
更新方法はICD取説による。(図面全文検索メニュから行う。)
2)大きなフォルダ(図面ファイル沢山入っている場合)はパソコンの性能上(メモリ不足)で更新(最新版の再作成)
が出来ない場合がある。
その場合は一旦、別の仮フォルダーに図面ファイルを一部コピーして、一部の図番台帳を作り、何回かに分けて
作成後、図番台帳を合算する。(EXCElワークシートに付け足す。)


5. 図番台帳作成手順
事故対策として別フォルダーにデータベース(ファイル名:_sx_db.idb )をコピーして,それを使ってください。
1)EXCELソフト【図番台帳作成.xls】をクリックしてEXCELソフトを立ち上げる。
この時「マクロを有効にするか」聞いてくるので、有効にする。

2)EXCELのワークシート上の実行ボタン「図番図名対比リスト作成開始」をクリックし
希望の(複製)データベース(ファイル名:_sx_db.idb )を選択して開く。
なお,ファイル拡張子が「idb」のみ選択の対象になります。ファイル名は自由です。
3)すると「ファイルの形式を認識できません。」とメッセージが出ますが、構わず「OK」をクリックする。
注)
データベース(ファイル名:_sx_db.idb )が大きすぎて全て一度にexcelに読み込めない場合は メッセージが
出ますので,後でデータベース(ファイル名:_sx_db.idb )を予め分割して小さくしてから利用してください。
その場合,前後で重複する部分をいれて,データが切れないようにしてください。
データベース(ファイル名:_sx_db.idb )はテキストファイルなので,windows付属のメモ帳などで前または後を
削除することにより小さくなるので分けることができます。
最後の出来上った図面台帳リストをexcelのワークシート上で繋げれば一本になります。
4)すると,データを読み込み,ファイル名と図名(図面コメント)の対比一覧表がワークシート
上に完成します。
注) 正規登録してパスワードを設定しないと100個までの一覧リストに限定されます。

5) この一覧表のファイルを保存します。
保存先フォルダとファイル名を指定してください。

注) 保存時キャンセルした場合は自分で,後で自分で「名前を付けて保存」してください。
保存の拡張子は「XLS」にしてください。

6)以上、EXCELを閉じて終了です。【図番台帳作成.xls】は上書きしないでください。
元ファイルですので,そのまま何回も使います。


注記)
なお,シェアーウェアー登録してパスワードを設定しないと100件までのリストしかできません。
また本ソフトの試用は数回程度とし,期限1ヶ月以内でお願いします。これを上回る場合はシェアーウェアー
登録をしてください。

プログラム関連 icad用図番台帳作成ソフト

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com