お気に入りに追加

3D球達の舞20P 3.1.0

スポンサードリンク

計算座標の法則に従い球が織り成す3Dグラフィックス・スクリーンセーバー!

3D球達の舞20P
ソフト種類: Freeware
日付追加: 2010-09-25
対応OS: Windows XP,Windows 98,Windows Me
ファイルサイズ: 148KB
ソフト作者: m-take

対応言語

3D球達の舞20P 3.1.0】の開発者説明

Advertisement
①等速直線運動 球(小)はランダムな壁の位置にぶつかりランダムに先回りした球(中)を中心とした位置に円集合。壁にぶつかるまでの時間、又は壁から円集合までの時間は各球に於いて同一。円集合後の球(小)はその位置でランダム軸で一回転。球(中)はその軸と90度の角度で公転。②棒の回転 中央に集合した棒の回転。回転方向は各球でランダム。棒自身は回転しながら、全体的に ランダムな方向に円軌道を描く。③半径の変化 球(小)は半径を変化させながら球(中)を中心に円軌道を描き、全体的に横8の字円軌道を描く。さらに、各球自体の大きさも縮小、拡大を繰り返す。④転がり回転 球(小)は球(中)を中心に転がり回転をする。壁にぶつかった際は、入射角と同一反射角で移動を続け転がり回転の方向はぶつかった入射角と壁の位置で決定される。また、定期的に球(小)が息をする。⑤立体回転 ランダムな軸を中心として、球(小)は球(中)を中心に立体回転を続けながら直線移動をする。壁での反発は入射角と同一反射角。また、ランダムで球(中)は回転軸と90度の角度で公転する。⑥輪と帯 球(小)と球(中)で構成される輪と帯を交互に、ランダム位置に移動させる。⑦正葉線 先頭の球(小)が6種類の正葉線の軌道を描き、残りの球(小)が順次追随する。球(中)は上下に惑星軌道を描きながら、位置に応じて縮小・拡大を繰り返す。⑧輪のワープ ランダムな位置、ランダムな半径で球(小)は球(中)を中心に円集合。またランダムにワープ。⑨リサージュ曲線 球(小)は傾斜角を変えながらリサージュ曲線の軌道上を移動し、残りの球(小)が追随する。 球(中)は壁にぶつかりながら等速直線運動を繰り返す。 ⑩サイクロイド曲線 球(中)は半径を変えながらサイクロイド曲線の軌道上を移動し、球(小)が順次追随する。また、全体としては横8の字円軌道上を移動する。⑪通り抜け 球(小)で構成された帯が回転しながら移動し、球(中)が逆移動で通り抜ける。⑫楕円の相互軌跡 球(中)を中心とした球(小)の楕円軌道の軌跡。⑬輪と帯の軌跡 ⑥の「輪と帯」の相互運動の描画軌跡。 ⑭棒回転の軌跡 ②の「棒の回転」運動の描画軌跡。 ⑮棒と球 中心点を支点に回転している棒の先端で球(中)が円軌道上を移動する。⑯小円の大小楕円回転 球(小)は小さな楕円軌道を描きながら、球(中)を中心とした楕円軌道上を移動する。⑰中心点からの楕円 球(中)は縮小・拡大を繰り返しながら中心点を楕円軌道の端にしながら移動する。また、球(小)は中心点を同一半径で円軌道を移動する。左右の回転方向はランダム。⑱二本の棒 ランダムな軸を中心にスイングする二本の棒がさらに球(中)を中心として回転する。⑲スパイラル曲線 画面の中心よりスパイラル曲線を角度を変化させて描画する軌跡。⑳楕円の相互(時間差) ⑫の「楕円の相互軌跡」を時間差によって移動させた各球(小)の描画。

プログラム関連 3D球達の舞20P

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com