お気に入りに追加

UltraVNC 1.0.9.6.2

スポンサードリンク

UltraVNCは、ほかのVNC互換ソフトウェアの機能も取り入れた、高機能なリモート制御ソフトウェアである。

UltraVNC
ソフト種類: Freeware
日付追加: 2012-02-20
対応OS: windows95, 98, Me, NT4, 2000, XP, 2003, Vista,7
ファイルサイズ: 3.67MB
ソフト作者: UltraVNC

対応言語

UltraVNC 1.0.9.6.2】の開発者説明

Advertisement
UltraVNCでリモート制御する
 コンピュータをリモート制御するツールとして、VNC(Virtual Network Computing)というフリー・ソフトウェアがある。これはWindows OSに限らず、UNIXやLinuxなどとも接続できる、相互運用性の高いツールである。元々は英国にあるAT&T社の研究所で開発されていたが、研究所の閉鎖に伴って開発が中止され、現在ではその技術や通信プロトコルを使った後継の互換ソフトウェアがいくつか開発されている。

 VNCはNetMeetingやリモート・アシスタンスと違い、デスクトップ環境の共有に特化したソフトウェアである。GUIベースでそのままデスクトップを操作できるほか、1対多の接続や(1つのデスクトップを複数の場所から閲覧、操作する。教育用途などで有用)、高機能な描画(拡大や縮小などもサポート)、効率的な通信(さまざまな圧縮機能のサポートなど)、マルチプラットフォーム対応(例えばWindows OSをUNIXから操作したり、LinuxをWindows OSから操作したりできる)、チャット/ファイル転送機能などを特徴とする。リモート・デスクトップ(ターミナル・サービス技術をベースにしている)と違い、Windows OSのセッション(ユーザー環境)を作成してその仮想画面への描画結果を転送しているわけではない。サーバ側の画面に描画されたデータをキャプチャして、そのままクライアント側(VNCでは「ビューア」という)へ転送して操作している。そのため、操作される側のコンソール画面と同じものが、クライアント側に再現される。この点では、NetMeetingのデスクトップ共有機能や、リモート・アシスタンス機能(ターミナル・サービスのコンソール・シャドウ・セッション)と同じものといえるが、使い方によってはもっと便利である。ログオン画面(「ようこそ」画面)もリモート制御できるし、Windowsのユーザー・セッションとは独立しているため、例えば一時的に代理で誰かにコンピュータをリモートから操作してもらう(例:社内の自分のコンピュータにリモートから接続してメールを読んでもらい、対処してもらうなど。自分が外へ出ている場合などに便利)といった使い方もできる。

プログラム関連 UltraVNC

別の言語で UltraVNC をレビューする

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com